月別アーカイブ: 2017年5月

中学受験について

現代では子供の中学受験を考える世帯が増えてきました。

都心部ほどその傾向は強いようです。東北や田舎のほうではまだまだ少数派なようです。

私の住んでいる地域でも、まだまだ中学受験はレアなケースです。

私の友人の子供が大変優秀な女の子で、小学4年生の時に自ら「中学受験に挑戦したい」と言い出したので、無料テストで学力を調べたところかなり学力が高かったので、家族会議の結果中学受験を目指すことになりました。

それからが大変でした。周りに絶対に知られないように4年生から受験の日までを細心の注意をはらって過ごしましたが、なぜか周囲に感づかれてしまいました。

少数派の行動というのは悪く言われるものです。その友人の子の中学受験についても、周囲は「変わってるね」というちょっとバカにした感じで噂をしていました。

お子さんがまだ小さく、将来中学受験をさせたいと考えているかたは、中学受験組が半数ほどを占める地域に移り住むなどの対策をしたほうが、スムーズに中学受験に臨めると思います。

家と庭は、ふたつでひとつです!

戸建て住宅の場合、絶対に考えておかなければならないことが、外構と庭造りです。これが結構お金がかかって大変なのです。「家のことだけで頭一杯で、そんなもん後回しだよ!」なんて考えている人がいたら、私はこう言いたいです。「後で絶対後悔することになりますよ」と。

家を持つと決めたら、予算の中に必ず庭にかかる費用も入れておくべきです。それ込みで考えた方がベストだと思います。少々無理をしてでも家と庭は同時に完成させるべきです。そうしないと、いくら家が新しくてもちぐはぐな印象になってしまうのです。我が家がまさにそれで失敗してしまって、後々後悔することになってしまったのですから…。

大体庭にかかる費用は建築費の一割程度。これを頭に入れておくことが大事だと思います。凝った庭がいいのであれば、それ以上の費用が必要だと覚悟しておくべきでしょう。脅しではなく、庭ってホントに大切なのですよ。家と庭って、ふたつでひとつだと思います。庭の出来次第で、家はより一層立派に見えるのですから。間違いないです!

子供と公園で遊ぶ時の注意点

結婚して子供が出来ると一緒に公園で遊びに行く事も多くなりますが、注意しなければいけない点もあるのでしっかり把握しておく必要があります。そこで子供と公園で遊ぶ時の注意点が見ていく事にしましょう。

・子供が0~2歳の時は公園に設置されている遊具は禁止

子供が0~2歳の時は体が未熟なので公園に設置されている遊具で遊ぶのは危険です。0~2歳の頃は公園の中を一緒に散歩するなど雰囲気を楽しむようにしましょう。しかし2歳ぐらいになったらボールを使用した遊びをしても構わないでしょう。

・子供が3歳を過ぎたら公園に設置されている遊具の利用可

子供が3歳を過ぎたら公園に設置されている遊具の利用の対象年齢を言われているので遊ぶのもOKですが、3歳の頃は安全性の高い遊具で遊ぶ事が大切です。特にジャングルジムなど高い場所で遊ぶと転落して怪我をする危険性もあるので注意が必要です。公園に設置されている遊具の利用の仕方は年齢によって変えていく事が大切になってきます。

古い住宅付きの土地には気を付けよう

住宅購入を検討したことがある人なら、必ず一度は「古家つき」という言葉を見たことがあるはずです。古家つきとは、読んで字の如く古い家が付いている土地という意味を持ちます。古い家と言っても廃墟みたいなものはまれで、管理が行き届いているならごく普通に使えたりします。

では何故わざわざ「古家」という言葉が使われるかというと、戸建て住宅はおよそ10年程度で価値がゼロになってしまうためです。つまり「古家つき」は、建物こそ付いていますが、実質的に土地の値段だけということになります。

単純にお得なのではと思ってしまいますが、なかにはとんでもない地雷物件があるので要注意。たとえば築30年以上の家は建て直すしかないのが実情ですが、解体には当然お金が掛かります。近年は人手不足の影響で人件費が高騰していますから、100万円以上の負担になることはザラです。

住むつもりの場合、最も気を付けなければならないことが水道管の老朽化です。サビが混じっているくらいなら軽度な方で、管が完全に腐ってしまっているケースも数多くなっています。不動産業者は、水道管の劣化を教えてくれることは決してありません。教えると逆に売りづらくなってしまうためです。契約を締結する際、重要な事柄を事前に説明しなければならないという義務が不動産業者にはありますが、この重要項目に水道管は含まれていません。ですから、中古戸建て住宅を購入する際は、業者の言うことを鵜呑みにせず水道管の状態を必ずチェックするようにしましょう。

子育ての結果として子供が親に似る理由

子育ての悩みを解決するためには知識が必要になります。また親たちは独自に勉強をすることも可能です。当然のように優れた子供を育てるためには親の理解も必要です。

子育ての中では親たちが気になることも多いです。また親たちは子供と一緒に成長していくので、子育てから学べる知識は豊富です。そして子育てをした後には子供が自分に似ていることに気付くのです。

実際に子供は親を見て育っていくので似るのは当然です。またそこには血の繋がりという重要な事実があります。血が繋がっていると子供と親は性格や外見が同じになる可能性が高いのです。

子育ての中にはこういった関係性もあるので注意が必要です。つまり子供は親の言動を常に見ているということです。子育てで失敗しないためには親が善悪の区別をすることが基本です。

一般的に子供は感受性が強いので何かに影響を受けます。そして影響を受ける対象は身近な親たちなのです。こういった部分を真面目に理解すれば子供を立派な人間に育てられます。