月別アーカイブ: 2017年6月

子どもの高校選びについて

子どもの高校選びについてお話しします。わたしは高校で働いた経験があります。その上で、高校選びのオススメを紹介します。まずは、共学、男子校、女子校がありますが、共学をオススメします。なぜなら、子どもたちが、社会に出た時、男女ともに協力しあっていきていく必要があるからです。そして、男女の違いを子どもの頃から理解しておく必要があると考えるからです。

次に、私学にいく場合には、大学の付属になっている高校をオススメします。もし、大学受験に失敗しても、付属の大学に進学できるという安心感は、それだけでも価値があるとわたしは考えるからです。

次に、高校入試の時点で、ギリギリの学力で高校に入学させないことです。ギリギリの学力で高校に入学できても、入ってからついていけなくなり、中退する子もいます。それならあまり無理せずに、ランクを落とし、その学校で成績上位をとるほうが、その後の人生がよくなるような気がします。

あくまでも、私見です。参考までにしていただけたら幸いです。

礼儀正しさや言葉遣いはまずあなたから

先日スーパーで出会った親子連れ。

お母さんはナチュラル系のおしゃれさんで、子供は3歳くらいの女の子。品定めをするお母さんの周りでうろうろ。

「それ触っちゃダメよ。触らないでね」と優しくさとしていると思いきや、

「触んなっつてるだろうが!やめろよ!」と急に声を荒げていました。

それからも女の子がお母さんから離れたみたいで、

「ママー!どこー?」って探す後ろから、

「探すくらいなら離れんなよっ!」と巻き舌で怒鳴っていました。

キレちゃいましたか。でも相手はあなたの娘さんですよね?

わかりますよ。3歳児大変ですよね。お買い物もゆっくりできませんね。でもひとつ言えるのはあなたの子供はいつかあなたみたいな言葉遣いをする女性になりますよ。

あなたの可愛い孫に同じように汚い言葉で怒鳴る母親になりますよ。

礼儀正しさは無料です。なのにとてもあなたを素敵に見せてくれます。できるだけ優しい言葉を使う、挨拶をきちんとするというだけで相手側の気持ちを和らげて人間関係がうまくいきます。スーパーで子供を叱るのはわかります。ただ叱る言葉もちょっと気をつけませんか。

町中を子供を怒鳴りながら自転車で走っているお母さんもよく見ます。どうしてわざわざ汚い言葉で叱るのか悲しくなりますね。

我が子にテメェは無いですよ。あなたがつけた名前を呼んであげてください。親が見本を見せるって大切なこと、ちょっと頑張ればできることです。

ハウスメーカーには家の文句も言える!

大手ハウスメーカーでマイホームを建てて良かったところは、文句をバンバン言えるところでしょうか。さすがに実際には、家に関する文句をオブラートにも包まずにストレートに言ってはいませんけれど、しかし何らかの気になる点があれば、すぐに問い合わせができるところは、やはり大手ハウスメーカーの強みかなーと思います。

実家は地元工務店で建ててもらった家なのですが、母は大工さん(知り合い)に連絡する際も「今、お時間よろしいですか?」などと、必要以上にへりくだって連絡をしている感じでしたので。おそらく地元の付き合いもあって、あちらの不手際である場合でも強くは出ないんだろうなーなどと思います。

向こうの不手際があった場合は、きつめに言ったら良いのにと思いますけれどね。そこを思えば私の性格上も、やはりハウスメーカーでマイホームを建てて良かったものだと言えるかも知れませんね。ただ、窓口を介して言わなくてはならないところは手間ですが、しかし気を遣わずに言いたいことが言えるので良かったなと思っています。