tamachi28 のすべての投稿

子どもの高校選びについて

子どもの高校選びについてお話しします。わたしは高校で働いた経験があります。その上で、高校選びのオススメを紹介します。まずは、共学、男子校、女子校がありますが、共学をオススメします。なぜなら、子どもたちが、社会に出た時、男女ともに協力しあっていきていく必要があるからです。そして、男女の違いを子どもの頃から理解しておく必要があると考えるからです。

次に、私学にいく場合には、大学の付属になっている高校をオススメします。もし、大学受験に失敗しても、付属の大学に進学できるという安心感は、それだけでも価値があるとわたしは考えるからです。

次に、高校入試の時点で、ギリギリの学力で高校に入学させないことです。ギリギリの学力で高校に入学できても、入ってからついていけなくなり、中退する子もいます。それならあまり無理せずに、ランクを落とし、その学校で成績上位をとるほうが、その後の人生がよくなるような気がします。

あくまでも、私見です。参考までにしていただけたら幸いです。

礼儀正しさや言葉遣いはまずあなたから

先日スーパーで出会った親子連れ。

お母さんはナチュラル系のおしゃれさんで、子供は3歳くらいの女の子。品定めをするお母さんの周りでうろうろ。

「それ触っちゃダメよ。触らないでね」と優しくさとしていると思いきや、

「触んなっつてるだろうが!やめろよ!」と急に声を荒げていました。

それからも女の子がお母さんから離れたみたいで、

「ママー!どこー?」って探す後ろから、

「探すくらいなら離れんなよっ!」と巻き舌で怒鳴っていました。

キレちゃいましたか。でも相手はあなたの娘さんですよね?

わかりますよ。3歳児大変ですよね。お買い物もゆっくりできませんね。でもひとつ言えるのはあなたの子供はいつかあなたみたいな言葉遣いをする女性になりますよ。

あなたの可愛い孫に同じように汚い言葉で怒鳴る母親になりますよ。

礼儀正しさは無料です。なのにとてもあなたを素敵に見せてくれます。できるだけ優しい言葉を使う、挨拶をきちんとするというだけで相手側の気持ちを和らげて人間関係がうまくいきます。スーパーで子供を叱るのはわかります。ただ叱る言葉もちょっと気をつけませんか。

町中を子供を怒鳴りながら自転車で走っているお母さんもよく見ます。どうしてわざわざ汚い言葉で叱るのか悲しくなりますね。

我が子にテメェは無いですよ。あなたがつけた名前を呼んであげてください。親が見本を見せるって大切なこと、ちょっと頑張ればできることです。

ハウスメーカーには家の文句も言える!

大手ハウスメーカーでマイホームを建てて良かったところは、文句をバンバン言えるところでしょうか。さすがに実際には、家に関する文句をオブラートにも包まずにストレートに言ってはいませんけれど、しかし何らかの気になる点があれば、すぐに問い合わせができるところは、やはり大手ハウスメーカーの強みかなーと思います。

実家は地元工務店で建ててもらった家なのですが、母は大工さん(知り合い)に連絡する際も「今、お時間よろしいですか?」などと、必要以上にへりくだって連絡をしている感じでしたので。おそらく地元の付き合いもあって、あちらの不手際である場合でも強くは出ないんだろうなーなどと思います。

向こうの不手際があった場合は、きつめに言ったら良いのにと思いますけれどね。そこを思えば私の性格上も、やはりハウスメーカーでマイホームを建てて良かったものだと言えるかも知れませんね。ただ、窓口を介して言わなくてはならないところは手間ですが、しかし気を遣わずに言いたいことが言えるので良かったなと思っています。

中学受験について

現代では子供の中学受験を考える世帯が増えてきました。

都心部ほどその傾向は強いようです。東北や田舎のほうではまだまだ少数派なようです。

私の住んでいる地域でも、まだまだ中学受験はレアなケースです。

私の友人の子供が大変優秀な女の子で、小学4年生の時に自ら「中学受験に挑戦したい」と言い出したので、無料テストで学力を調べたところかなり学力が高かったので、家族会議の結果中学受験を目指すことになりました。

それからが大変でした。周りに絶対に知られないように4年生から受験の日までを細心の注意をはらって過ごしましたが、なぜか周囲に感づかれてしまいました。

少数派の行動というのは悪く言われるものです。その友人の子の中学受験についても、周囲は「変わってるね」というちょっとバカにした感じで噂をしていました。

お子さんがまだ小さく、将来中学受験をさせたいと考えているかたは、中学受験組が半数ほどを占める地域に移り住むなどの対策をしたほうが、スムーズに中学受験に臨めると思います。

家と庭は、ふたつでひとつです!

戸建て住宅の場合、絶対に考えておかなければならないことが、外構と庭造りです。これが結構お金がかかって大変なのです。「家のことだけで頭一杯で、そんなもん後回しだよ!」なんて考えている人がいたら、私はこう言いたいです。「後で絶対後悔することになりますよ」と。

家を持つと決めたら、予算の中に必ず庭にかかる費用も入れておくべきです。それ込みで考えた方がベストだと思います。少々無理をしてでも家と庭は同時に完成させるべきです。そうしないと、いくら家が新しくてもちぐはぐな印象になってしまうのです。我が家がまさにそれで失敗してしまって、後々後悔することになってしまったのですから…。

大体庭にかかる費用は建築費の一割程度。これを頭に入れておくことが大事だと思います。凝った庭がいいのであれば、それ以上の費用が必要だと覚悟しておくべきでしょう。脅しではなく、庭ってホントに大切なのですよ。家と庭って、ふたつでひとつだと思います。庭の出来次第で、家はより一層立派に見えるのですから。間違いないです!

子供と公園で遊ぶ時の注意点

結婚して子供が出来ると一緒に公園で遊びに行く事も多くなりますが、注意しなければいけない点もあるのでしっかり把握しておく必要があります。そこで子供と公園で遊ぶ時の注意点が見ていく事にしましょう。

・子供が0~2歳の時は公園に設置されている遊具は禁止

子供が0~2歳の時は体が未熟なので公園に設置されている遊具で遊ぶのは危険です。0~2歳の頃は公園の中を一緒に散歩するなど雰囲気を楽しむようにしましょう。しかし2歳ぐらいになったらボールを使用した遊びをしても構わないでしょう。

・子供が3歳を過ぎたら公園に設置されている遊具の利用可

子供が3歳を過ぎたら公園に設置されている遊具の利用の対象年齢を言われているので遊ぶのもOKですが、3歳の頃は安全性の高い遊具で遊ぶ事が大切です。特にジャングルジムなど高い場所で遊ぶと転落して怪我をする危険性もあるので注意が必要です。公園に設置されている遊具の利用の仕方は年齢によって変えていく事が大切になってきます。

古い住宅付きの土地には気を付けよう

住宅購入を検討したことがある人なら、必ず一度は「古家つき」という言葉を見たことがあるはずです。古家つきとは、読んで字の如く古い家が付いている土地という意味を持ちます。古い家と言っても廃墟みたいなものはまれで、管理が行き届いているならごく普通に使えたりします。

では何故わざわざ「古家」という言葉が使われるかというと、戸建て住宅はおよそ10年程度で価値がゼロになってしまうためです。つまり「古家つき」は、建物こそ付いていますが、実質的に土地の値段だけということになります。

単純にお得なのではと思ってしまいますが、なかにはとんでもない地雷物件があるので要注意。たとえば築30年以上の家は建て直すしかないのが実情ですが、解体には当然お金が掛かります。近年は人手不足の影響で人件費が高騰していますから、100万円以上の負担になることはザラです。

住むつもりの場合、最も気を付けなければならないことが水道管の老朽化です。サビが混じっているくらいなら軽度な方で、管が完全に腐ってしまっているケースも数多くなっています。不動産業者は、水道管の劣化を教えてくれることは決してありません。教えると逆に売りづらくなってしまうためです。契約を締結する際、重要な事柄を事前に説明しなければならないという義務が不動産業者にはありますが、この重要項目に水道管は含まれていません。ですから、中古戸建て住宅を購入する際は、業者の言うことを鵜呑みにせず水道管の状態を必ずチェックするようにしましょう。

子育ての結果として子供が親に似る理由

子育ての悩みを解決するためには知識が必要になります。また親たちは独自に勉強をすることも可能です。当然のように優れた子供を育てるためには親の理解も必要です。

子育ての中では親たちが気になることも多いです。また親たちは子供と一緒に成長していくので、子育てから学べる知識は豊富です。そして子育てをした後には子供が自分に似ていることに気付くのです。

実際に子供は親を見て育っていくので似るのは当然です。またそこには血の繋がりという重要な事実があります。血が繋がっていると子供と親は性格や外見が同じになる可能性が高いのです。

子育ての中にはこういった関係性もあるので注意が必要です。つまり子供は親の言動を常に見ているということです。子育てで失敗しないためには親が善悪の区別をすることが基本です。

一般的に子供は感受性が強いので何かに影響を受けます。そして影響を受ける対象は身近な親たちなのです。こういった部分を真面目に理解すれば子供を立派な人間に育てられます。

干渉しない中でも注意していること

わが家の子育ては子供を過保護にしないこと。子供に干渉しすぎないように育てることです。特にこのほかに注意していることはなくごく普通に子育てしていますよ~。ただ、いくら干渉しすぎないといっても学校の話や友達関係の話は聞かせてもらいます。

学校から帰ってきたタイミングで聞けるときは聞きますよ。後回しにすると子供は自分の中で消化してしまいますからね~。学校から帰ってきたときが1番学校であったいろんなことを親に言いたいときなんです。楽しかったこと、怒りがこみ上げたこと、大変だったこと、何でもいいから話を聞くようにしています。

子供に言いたいだけ話させることも子供が何でも話すようになるポイント。子供がまだ話している途中で口を挟んだり自分の意見を言ってしまうと子供は急に口をつぐんでしまいます。子供がすべて言い尽くした後「どう思う?」と聞かれたらこちらの考えを伝えています。

干渉しすぎないことが基本でもこれだけは続けています。

意外に高くつく外構工事

新築するにあたって、外構工事もついてくるものです。我が家もただ今新築中です。

今回、工務店さんにお願いして、外構工事の見積りも立ててもらいましたが、あまりの金額の高さにビックリしました。外の塀を作ってもらうのに、全部で100万円かかるとのこと。家の前に側溝があるので、補修工事をしてグレイチングをかけるのに30万円位の見積りに愕然としてしまいました。

更に、庭に砂利を入れたり駐車場を作ったりとすると、全てを総合すると、外構工事だけで300万円近くの金額がかかる事になります。その分を住宅ローンにプラスすると、正直かなりの痛手になります。

とりあえず、我が家では後回しに出来る物は全て後で。自分達で出来る事は頑張ってやってみようということになりました。予定としては、砂利入れと駐車場は自分達で作ってみようと思っています。全て、一気にやってしまって楽しいはずの新居生活が、ローンに追われた生活になるのも悲しい事ですので、家族皆で力を合わせて、少しでも金額が抑えられる様に頑張ります。