tamachi28 のすべての投稿

ネンネの音楽で寝かしつけが楽ちんに

子育ての悩みにはいろいろなものがありますが、中でも「寝かしつけ」について悩んでいる人は多いと思います。ある企業の調査によると、実に8割ものお母さんが、「寝かしつけ」の悩みを抱えたことがあるそうです。

実際、私も上の子の寝かしつけには苦労しました。ベッドに置くと泣くので、抱っこしたまま、椅子に座って寝たこともあります。1歳を過ぎてもそんな状況だったので、正直、「何もせずに寝かしつけられる日は来ないのかもしれない」とまで思っていました。でも、4歳を過ぎた今、息子はベッドで絵本を1冊読んで電気を消せば、すんなりと寝てくれるようになりました。本当に楽ちんです。

そこに至るまでには、様々な試行錯誤がありましたが、最も効果的だったのは、「ネンネの音楽」を決めたことでした。皆さんは「入眠儀式」という言葉をご存知ですか?寝る前に絵本を読んだり、ネンネ用の玩具を与えたりすることで、今から寝る時間だと認識させる方法です。

我が家は、それを音楽を使ってやりました。α波が出るというオルゴール曲集をスマホに入れ、確実に眠りそうなタイミングで聞かせるのです。それを数日繰り返し、慣れさせてから、今度は寝かせたい時に聴かせるようにしました。すると不思議なことに、それを聴くと目を閉じるようになってきたのです。

今は絵本が音楽に変わる入眠儀式になりましたが、お話を理解するようになるまでは、「ネンネの音楽」は、本当に効果的でした。今は2歳の下の子に使っていて、楽をさせてもらっています。

寝かしつけに悩んでいる方は、ぜひ1度、試してみてはいかかでしょうか?

子供中心に考え転居しました

誰でもそうかもしれませんが、子供が生まれてから生活が子供中心になっています。我が家では住居について特に顕著です。

当初妻が身ごもった時に住んでいたアパートは今地方で流行りの1階と2階が別世帯のアパートでした。私たちは2階に住んでいたのですが玄関ドアを開けて靴を脱ぐとすぐ階段であったので危険であろうとの考えからすぐに引っ越しを検討しました。アパートの前が交通量の多い道路であるということもありました。

幸い良い物件が見つかったので(やはり2階なのですが)すぐに引っ越し、子供が2歳まで次のアパートで生活しました。やがて子供が成長してくると大声でわめいたりドスドスと足を踏み鳴らして走ったりするので近所への迷惑が心配になりました。思い切って住宅を新築し、現在は子供にはのびのびと暮らしてもらっています。立地も閑静な住宅街で保育園、小学校が近くよかったと思っています。

妻の要望で子供部屋は2つ作ったのでもう1人子供をもうけられたらと思っていますが、今になって2部屋ぶち抜きの大部屋にしておけば子供の人数に制約がなかたかな・・・と少々後悔もしています。

外壁工事と住宅ローンのちょっとした失敗

昨年の春に新築が完成して入居しました。私も妻もシンプルなのが好きなので予算をほとんどオーバーせずに自分たち好みの家を建てることができました。ハウスメーカーを決めてから建築材の資料や提出書類の山と格闘し、妻ともよく相談して後悔ないようにやってきたのですが今になってから2つだけ失敗かな、と思うことがあります。

 1つはエアコン設置場所の壁穴。ハウスメーカーが追加料金無しで穴を開けてくれると言うのでやってもらったのですが今時電気屋でエアコン設置時穴を開けるくらいは無料ということを当時は知りませんでした。1箇所だけ、穴開けしたのに結果的にエアコンを設置せず、家の内外壁にプラスチックのカバーがしてあって何とも間抜けな状態になりました。

 もう1つは住宅ローン減税です。我が家の場合夫婦共働きなのですが私がローンを組んで返済しています。ところが、それぞれ個別に融資を受けて資産(家と土地)の持ち分をそれぞれ二分の一にすれば二人とも減税を受けることが可能だったのです。減税の限度額が融資額の1%なので私に収入があればその満額還付を受けれたのですが、あいにく満額より少し少ない還付額になってしまいました。我が家の場合、それ程大きな差にはならなかったので後悔までしてはいませんがこれからローンを組む方にはよく勉強して気をつけてもらいたいなと思いました。

マンションを買う際に重要になる部分

家は生活の中心なので注意すべき部分があります。また個人的な知識で家を管理していくことも大事です。特に新しい家は設備や環境も優れていることが多いです。しかしだからこそ将来を考えた行動が必要なのです。
マンションを使う場合は周囲の環境も大事になります。実際にマンションに住んでいると色々な問題に遭遇します。特に大きな問題になるのが周囲の騒音です。身近な騒音が生活の質を下げることもあるので、家を買う場合には入念な調査が必要です。
その他にもマンションは時期によって価格が変動しやすくなっています。また人気が高い土地にあるマンションは競争率が激しくなります。これは新築を買う場合にも特に意識すべき部分です。
結果としてマンションは将来的にも価値が上がる可能性があります。なぜならこういった住宅は常に価格が変動しているためです。つまり今は価値が高い住宅を見極める知識も重要です。
実際に深い住宅の知識があれば、将来は家を高値で売ることも可能です。

建売り住宅を選ぶことも悪くない

「さぁ、家を建てるぞ!」と一大決心をして、マイホームを建てようと考えた時にどんな家を考えるでしょうか。マンション、一戸建てか、どちらを選ぶか悩むかもしれません。その中で、一戸建てにこだわる人も必ずいらっしゃいます。

それはとても大事なことかもしれませんが、この時に再び悩むのが、建売り住宅にするか、注文住宅にするかです。何十年と一生を送るマイホームになるので、できれば自分の好みやライフスタイルに合った家造りにこだわりたいところです。

しかし、実際に注文住宅を頼もうとすると、時間が結構 かかってしまうことがあります。土地の購入から、家の設計、そして建築とじっくりと時間をかけていく必要があります。

その点、建売り、住宅だと初めから分譲として出来上がっている一戸建てではありますか、整備された区画の中で出来上がっている家をすぐに購入することができますので、手軽にマイホームを手にすることができます。

しかも、費用も注文住宅より安いために根強い人気がありますし、機能的な設備が充実しているので、注文住宅に勝るとも劣らずとも言えない程の充実度があります。

リフォームからリノベーションへ進化

マイホームを考える選択肢の中で、リフォーム物件を対象に検討している人も少なくありません。リフォーム物件は、中古マンションを中心に人気がありますが、やはり購入費が新築物件より、とても安いのが、メリットでしょう。これは、一戸建てでもリフォーム案件は、選び方で快適な生活を手に入れることができます。

しかし、最近はリフォームからリノベーションへとニーズが移ってきています。リノベーションは家の補修をするリフォームから、さらに一歩踏み込んで、家の改造と言っても過言ではありません。間取りやレイアウトを元の姿から根本的に変えてしまう方法です。この方法のメリットは、自分のライフスタイルに合わせた家の改造になってきます。ある意味、注文住宅のように自分の希望するレイアウトに変更することで、快適な生活を送ることができるのです。

長い期間生活する上で自分の納得のいく家を手に入れたいと思うはずです。そのような気持ちをリノベーションは、手助けをしてくれるのかもしれません。

赤ちゃんと今後の育児を考えて引っ越しました。

生後9か月となる娘を育児中です。先日赤ちゃんと今後の育児のことを考えて、広い3LDKの部屋へ引っ越しました。

 

元々は1LDKの部屋に住んでいました。部屋の広さは50㎡ほどで狭くはないのですが、娘が動き回るには不十分です。すでにハイハイやつかまり立ちを始めたので、色んな所へ侵入してきます。

 

料理をしていれば台所へ、洗濯を干していればベランダへ後追いしてくるので、サークルをレンタルしていました。しかし、娘はもっとハイハイしたいので「出して欲しい」と泣いて訴えます。広い部屋ならのびのびと動き回らせてあげられると思い、引っ越しを決めました。

 
娘が今後歩き出しても音がしにくく、遊ばせやすい和室がある物件を探しました。布団を敷いてお昼寝をさせることもできます。キッチンから見渡せる和室なので、夕飯の準備をしていても安心です。自由に動き回れるので、私が家事をしていても娘はご機嫌に過ごしています。

 
また、収納の点でも引っ越して良かったと思いました。子供が生まれて物が予想以上に増えました。今後はおもちゃや絵本も増えていきます。子育て世帯は収納の多い部屋が必須だと痛感しました。

 
そして、以前のマンションにはなかったエレベーターがあるというのも非常に便利です。ベビーカーに娘を乗せたままで部屋まで行けるようになりました。これからますます体重が増加していくので、エレベーターにはお世話になることでしょう。

 
私のこの体験から、子供が生まれて引っ越す場合の物件探しでは、広さと和室、収納、エレベーターという4点を抑えたら良いと感じました。

共働きのための環境整備について

我が家の場合ですが子育てに関しては我が家は男親、女親関係なくどちらかは中学校に入るまでは出来る限り、全面的に仕事に就かず、フォローしていこうという方針をとっていました。

 

別にとも働きを否定するものでもなく、二人が祖父母同居の家庭に育ち、その経験が今も非常にプラスに働いているからに他なりません。実際、我が家は両親が共働きでした。

 

さて、我が家に関してはそのまま子供も大きくなり、2人目も中学生になります。もちろん、生活の面を考えても収入が多いほうがいいので家内もある程度の収入が得られる仕事に就こうかと考えているところです。

 

今の共働き大前提の世の中が間違っているとは思いませんが可能であれば子供たちにさみしい思いをさせないためにどうしたらよいかということを今一度、家族という枠以上に、自治体や日本でも考えて、あるべき姿に向けて、体制も整えていくことが重要ではないかと思います。

 

日本を担う大事な子供たちですから

親がイラついていると子供に伝染する

親がイライラしていると子供もイライラしますよね。以心伝心と言いますがそういうことです。まして親子なんですからこちらがどんな気分でいるかくらいのことは子供に伝わっています。子供って親を見ていないようでも実はしっかり親のこと見ているんですよ。

 

知らないのは親ばかり。子供は親がどんな気分なのかイラついているのか嬉しいのか焦っているのか察知します。察知する能力が大人より子供のほうが断然優れています。親はその点を分かっておきましょう。

 

こちらがイライラしていれば子供は心配になりますが次第に子供もイライラしてきます。伝わらなくてもいいことが伝わるんですね・・・。同じ空間にいればなおさらです。別の部屋にいても私は子供時代親の機嫌が良いか悪いかが何となく分かりました。

 

さて、イライラしているときは入浴すると憑きものが取れたようにスッキリしますよ。入浴できなければシャワーだけでもだいぶスッキリするので試してみてくださいね。

孤独な子育てで辛くならないためのアドバイス

子育ては過ぎ去ればあっというまとよく聞きますが、子育て中の方は人生の大変な時期トップ10に入ると思っている方が少なくはないのではないでしょうか。人を一から育てるという大きな責任感がありますし、未就園児は特に手がかかり子育ては大変なことが多いです。

 

よって子育てには地域の協力や周りの助けが必要ですし、一人では息詰まることが多いと思います。しかし最近は、親戚と離れて暮らす核家族化が進んでいて、周りの協力を得られないことが多いです。また子育て支援は地域によってバラツキがあり、手厚い地域とそうでない地域の差が激しいです。

 

このような状況では、子育てを楽しく出来ないですし、子供もかわいそうに思えます。

 

私の地域も、子育て世代は多くいるのですが、田舎のため子育てにそれほど力を入れていません。周りの方も遠方から移住されている方が多く、自分が病気になった時や普段の遊び場所に苦労している方が多いです。

 

私は車で30分以上かけて、隣町の子育て支援センターに行っています。このセンターは、子供の遊び場所が確保されていて、子供に目を離さなければ一人で遊ばせても安全な場所です。また遊び場所には支援員がいるので、優しい方は声をかけてくれたり、子供と一緒に遊んでくれたりします。

 

私は2人目妊娠で体調が優れない時に、2歳の子供を連れてよく行きました。支援員の方が、気を配ってくれとても助かりました。

 

子育て支援センターは、市内の方のみの制限があったり、支援員が常駐していない場合があるため、私のケースになるとは限りませんが、一人で子育てをしていて孤独を感じることは減ると思います。一度利用してみてください。