カテゴリー別アーカイブ: 新築

子供中心に考え転居しました

誰でもそうかもしれませんが、子供が生まれてから生活が子供中心になっています。我が家では住居について特に顕著です。

当初妻が身ごもった時に住んでいたアパートは今地方で流行りの1階と2階が別世帯のアパートでした。私たちは2階に住んでいたのですが玄関ドアを開けて靴を脱ぐとすぐ階段であったので危険であろうとの考えからすぐに引っ越しを検討しました。アパートの前が交通量の多い道路であるということもありました。

幸い良い物件が見つかったので(やはり2階なのですが)すぐに引っ越し、子供が2歳まで次のアパートで生活しました。やがて子供が成長してくると大声でわめいたりドスドスと足を踏み鳴らして走ったりするので近所への迷惑が心配になりました。思い切って住宅を新築し、現在は子供にはのびのびと暮らしてもらっています。立地も閑静な住宅街で保育園、小学校が近くよかったと思っています。

妻の要望で子供部屋は2つ作ったのでもう1人子供をもうけられたらと思っていますが、今になって2部屋ぶち抜きの大部屋にしておけば子供の人数に制約がなかたかな・・・と少々後悔もしています。

外壁工事と住宅ローンのちょっとした失敗

昨年の春に新築が完成して入居しました。私も妻もシンプルなのが好きなので予算をほとんどオーバーせずに自分たち好みの家を建てることができました。ハウスメーカーを決めてから建築材の資料や提出書類の山と格闘し、妻ともよく相談して後悔ないようにやってきたのですが今になってから2つだけ失敗かな、と思うことがあります。

 1つはエアコン設置場所の壁穴。ハウスメーカーが追加料金無しで穴を開けてくれると言うのでやってもらったのですが今時電気屋でエアコン設置時穴を開けるくらいは無料ということを当時は知りませんでした。1箇所だけ、穴開けしたのに結果的にエアコンを設置せず、家の内外壁にプラスチックのカバーがしてあって何とも間抜けな状態になりました。

 もう1つは住宅ローン減税です。我が家の場合夫婦共働きなのですが私がローンを組んで返済しています。ところが、それぞれ個別に融資を受けて資産(家と土地)の持ち分をそれぞれ二分の一にすれば二人とも減税を受けることが可能だったのです。減税の限度額が融資額の1%なので私に収入があればその満額還付を受けれたのですが、あいにく満額より少し少ない還付額になってしまいました。我が家の場合、それ程大きな差にはならなかったので後悔までしてはいませんがこれからローンを組む方にはよく勉強して気をつけてもらいたいなと思いました。