カテゴリー別アーカイブ: 未分類

しつける事、それは褒める事です

子供をしつけるって本当に難しい事だと思います。誰もが初めてなのです。初めて通る道でもあるのです。だから簡単に考えてはいけないと思います。私は母にいろいろと聞きました。母は女手一つで私を育てたのです。それはとても大変だったと思います。でも私はどこに出しても恥ずかしくないように育てたつもりだと言ってくれました。だから母の子育ては、完璧だと思っています。

母は私をいっぱい褒めてくれました。今でも覚えています。怒られた記憶がないのです。いっぱい褒めてくれた事を、いくつも覚えているのです。

母の誕生日に早起きしておめでとうと言った時、友達がペットが死んで泣いていた時、ずっとそばにいた時も褒めてくれました。些細な事でも、とてもいっぱい褒めてくれたのです。だから私は今こんな立派な大人になったんだと思っています。

こんなふうに子育てをしています。難しい事ですが、それでも私は失敗したくない子育てをしたいのです。だから子供をちゃんとしつけたいのです。

幼稚園、保育園時代は子供の友達の親とも交流したほうが良い理由

子供が初めて幼稚園、保育園に行くときは、親子ともに新しい生活になじめるか不安になるものですね。しばらくすると自然と園生活にも慣れるのでひと安心するのですが、今度はお友達とうまく遊べているか気になるようになります。担任の先生に様子を聞けば大体のことは分かるのですが、お友達の親とも連絡が取れる関係を築けていると何か問題が起こったときも対処がしやすいです。小学生になれば、友達とけんかしたとしても自分達で解決できる場面も増えますが、園児ではまだ難しいからです。

ある日、我が子が通っている幼稚園から電話がありました。子供が友達とけんかになり、相手の子にひっかかれたという連絡でした。相手はたまたま私も連絡先を知っている方でした。それからすぐに先方から謝罪の連絡がありました。こちらは大したけがではないので全く気にしていませんでしたが、連絡をすぐにもらえたことでお互いに変なしこりが残らず良かったです。逆にもし我が子がお友達に迷惑をかけてしまったらすぐに連絡できたほうがいいなと実感したので、それからは子供の友達の親とも積極的に交流するようにしました。

親同士の関係が深くなりすぎると煩わしくなることもありますが、適度に交流してお互いに風通しを良くしておくのが大事だと思います。

子供の幼稚園、保育園選びについて

子供がおおきくなるにつれ、はじめに悩むのが幼稚園、保育園選びです。

まずお母さん自身が働くか働かないで専業主婦になるか、幼稚園には入れたいけれど週に数回でもいいから外で働きたいのかで選択肢が変わってきます。

まずは保育園は認可、無認可。いずれにせよ、育休をとっていたりお母さん自身が働いていることが条件となります。それ以外は基本的に幼稚園になります。

幼稚園といってもいろいろな種類の幼稚園が今はあります。

3年保育であっても、年少のうちからひらがなを教え、年長では漢字を教える幼稚園。

それとはまったく逆に、机に向かってお勉強させることは一切しないで泥んこになって遊ばせる幼稚園。幼稚園では一切ひらがな一つも教えない。

どちらがいいとは言えません。親のかんがえ一つです。

ですが、子供に向き不向きもあります。

正直、幼稚園にはいってみないとわかりませんが、そのために今は幼稚園に入る1年前から未就園児教室といって有料で1年前から幼稚園に月に数回親と一緒に通わせる幼稚園もあるのでそのようなところに何ヵ所か通ってきめるのもいいと思います。

子供はいろいろな意味で柔軟ですので、すぐ溶け込めると思いますが。

子供以上に親もその幼稚園の親御さんと付き合っていくうえでも慎重に考えたほうがいいと思います。

子供机はリビングに置いています

子供机は子供部屋に置くのが当たり前だと思っていました。でも夫は違ったのです。夫の実家では子供机は、なんとリビングにあったのです。家族みんながいるリビングで、毎日勉強も宿題もしていたのです。そしてそれが良かったと言っていました。

なぜかというと、わからない宿題があってもすぐに聞く事ができるのです。両親もいるリビングだからこそ、誰にだってすぐ聞く事ができるのです。

そしていつだってみんなでいられる場所でもあるのです。子供部屋は、寝る時と友達と遊ぶときだけに使っていたみたいです。その話を聞いて、我が家でもリビングに子供机を置くようにしました。

ご飯を食べている時だって、すぐそこで子供たちは勉強しています。そして寝るまではずっとリビングでいてくれるのです。それは今だけかもしれません中学生になったら、高校生になったらすぐに子供部屋へ行ってしまうでしょう。だからこそ、このリビングでいてくれる時は一緒にいたいのです。それが子育てだと思います。

卑猥な番組や下品なモノから子供を守る

子供には見せたくないちょっと下品なテレビ番組があります。そういうテレビ番組は深夜帯に放送するのが正解だと思いますが、なぜだか子供が起きている時間帯に放送することも多く困っています。どうやってそういう番組から子供を守ったらいいのかで悩んでいる親は多いでしょう・・・。

我が家ではもうどうしようもないと思ったので、テレビは家にありますがほとんどスイッチを入れなくなりました。テレビを見なくなったのです。私も卑猥な言葉や場面が出てくる番組を見ると気分が悪くなくし、子供には絶対に見せたくないし聴かせたくないので、ほとんどテレビは見ていません。

その代わりいつもきれいな音楽を家の中全体に流しています。きれいな音楽を家の中に流していると子供が素直にすくすく育ってくれます。不思議なことに観葉植物も枯れることなくぐんぐん大きくなるのでその効果は確かだと思います。

親はこういう有害なモノから子供を守ることも必要だと思っています。

気になるランドセル選び

近年は多種多様なランドセルが増えて、お子さんのランドセル選びも迷うことが多いですよね。

我が家の長男には、ごく普通の牛革の黒のランドセルを選びました。合成皮革が1キロを切る場合が多いのに対して、本革製は1キロ以上のものが多いです。お子さんの体系や通学距離を考慮して素材を決めるといいと思います。

ランドセルの色は子どもが奇抜な色をリクエストすると「えっ!?大丈夫かしら…?」と思うかもしれませんが、今は本当に性別に関係なくさまざまなカラーを購入するご家庭が増えてきているので、さほど心配はいらないと思います。

横型のランドセルや半かぶせ型のランドセルもまれにありますが、地域によっては1年生の間だけ交通安全の反射板のついた黄色いランドセルカバーをつけるルールがあります。イレギュラーな形状のランドセルだと、このカバーがつけられないので注意が必要です。

通学予定の学校の児童たちがどのようなランドセルを使用しているのか、登下校時や学校説明会の際などに見て、参考にするのもおすすめです。

遊ぶ時間と勉強する時間をはっきりさせています

子供にとって遊ぶ事はとても大事な事だと思っています。かといって、勉強をしなくてもいいという事ではないのです。だから時間の使い方は、しっかりと教える事にしました。

遊ぶ時間が一時間だったら、勉強する時間はその倍なのです。そのへんは小さい時からしっかりと聞かせてきました。どうして遊ぶ時間が短くて勉強する時間が長いのか、と聞かれた事もあります。それでも私が決めた事なので、ちゃんとさせていました。

友だちと遊ぶなとは言いません。かといって、勉強をおごそかにしてはいけないのです。勉強しなくてもいいよ、と言ってしまったら子供の一生をダメにしてしまう事になるのです。

中には、勉強なんてしなくてもいいという親もいるでしょう。子供なんだからいっぱい遊ぶ事が大事とだけ思っている親もいるでしょう。でも親になった以上それではいけないのです。大事な事はたくさんあるのです。一つだけではないのです。
だから遊ばせても、しっかりとそれ以上の勉強をさせないといけません。これがしつけなのです。