幼稚園、保育園時代は子供の友達の親とも交流したほうが良い理由

子供が初めて幼稚園、保育園に行くときは、親子ともに新しい生活になじめるか不安になるものですね。しばらくすると自然と園生活にも慣れるのでひと安心するのですが、今度はお友達とうまく遊べているか気になるようになります。担任の先生に様子を聞けば大体のことは分かるのですが、お友達の親とも連絡が取れる関係を築けていると何か問題が起こったときも対処がしやすいです。小学生になれば、友達とけんかしたとしても自分達で解決できる場面も増えますが、園児ではまだ難しいからです。

ある日、我が子が通っている幼稚園から電話がありました。子供が友達とけんかになり、相手の子にひっかかれたという連絡でした。相手はたまたま私も連絡先を知っている方でした。それからすぐに先方から謝罪の連絡がありました。こちらは大したけがではないので全く気にしていませんでしたが、連絡をすぐにもらえたことでお互いに変なしこりが残らず良かったです。逆にもし我が子がお友達に迷惑をかけてしまったらすぐに連絡できたほうがいいなと実感したので、それからは子供の友達の親とも積極的に交流するようにしました。

親同士の関係が深くなりすぎると煩わしくなることもありますが、適度に交流してお互いに風通しを良くしておくのが大事だと思います。