中学受験について

現代では子供の中学受験を考える世帯が増えてきました。

都心部ほどその傾向は強いようです。東北や田舎のほうではまだまだ少数派なようです。

私の住んでいる地域でも、まだまだ中学受験はレアなケースです。

私の友人の子供が大変優秀な女の子で、小学4年生の時に自ら「中学受験に挑戦したい」と言い出したので、無料テストで学力を調べたところかなり学力が高かったので、家族会議の結果中学受験を目指すことになりました。

それからが大変でした。周りに絶対に知られないように4年生から受験の日までを細心の注意をはらって過ごしましたが、なぜか周囲に感づかれてしまいました。

少数派の行動というのは悪く言われるものです。その友人の子の中学受験についても、周囲は「変わってるね」というちょっとバカにした感じで噂をしていました。

お子さんがまだ小さく、将来中学受験をさせたいと考えているかたは、中学受験組が半数ほどを占める地域に移り住むなどの対策をしたほうが、スムーズに中学受験に臨めると思います。