干渉しない中でも注意していること

わが家の子育ては子供を過保護にしないこと。子供に干渉しすぎないように育てることです。特にこのほかに注意していることはなくごく普通に子育てしていますよ~。ただ、いくら干渉しすぎないといっても学校の話や友達関係の話は聞かせてもらいます。

学校から帰ってきたタイミングで聞けるときは聞きますよ。後回しにすると子供は自分の中で消化してしまいますからね~。学校から帰ってきたときが1番学校であったいろんなことを親に言いたいときなんです。楽しかったこと、怒りがこみ上げたこと、大変だったこと、何でもいいから話を聞くようにしています。

子供に言いたいだけ話させることも子供が何でも話すようになるポイント。子供がまだ話している途中で口を挟んだり自分の意見を言ってしまうと子供は急に口をつぐんでしまいます。子供がすべて言い尽くした後「どう思う?」と聞かれたらこちらの考えを伝えています。

干渉しすぎないことが基本でもこれだけは続けています。