将来人に貸そうと購入して後悔した建売住宅

約3年前に建売住宅を購入しました。
購入を考え始めた理由は、主人の勤める会社は結婚すると家賃控除がなくなり、家賃全額負担になると知ったからです。
結婚してから知り、それまで住んでいた賃貸マンションの家賃が高めだったので、慌てて家を探しました。
うちは転勤族なので、転勤になったら人に貸せるように、駅に近い今住んでいる建売住宅に決めました。
この家の良い点は、駐車場とベランダが広い点です。家自体よりこの地域が良く、治安が良く、評判のいい病院がたくさんある点です。
私は、長い間体を壊していたのですが、こちらに移って色々な病院に通い、驚くほど元気に回復しました!
この家の悪い点は、建売住宅という点です。最初の2年くらいは、気に入らない点も自分たちで手を加えていけたら…と考えていたのですが、今では夫も私もこの家への愛着はなく、早く住宅ローンを完済して、早く売却したいと願うばかりです。
もともと人に貸したいと思っていたのですが、都心部でもなく大企業もなく、老人が多い地域なので、戸建の賃貸の需要が少ないようです。
もっと吟味してから決めるべきだったし、時間がかかっても1つ1つ自分で選べる注文住宅にするべきだったと後悔しています。