父親と母親が同じ叱り方をしてはいけない~子供の逃げ場を作るしつけ~

よく子供が悪いことをしたときに注意するのは一般的にいつも一緒にいる母親の役目なことが多いです。父親は母親と比べると子供と接する時間が少ないため、どうしても甘やかしになりがちなのも事実です。子供と一緒にいる時間が長ければ長いほど、いい部分も悪い部分もよく見えてくるものです。そんな中、休日家族全員で過ごしているときに子供がたまたま悪いことをしたら、どうなるでしょうか?
父親がいる時は、父親に叱る役を譲るのが良いかもしれません。とはいえ、なかなか休日だけ父親に叱る役目をしてもらうのも難しいのですが…要は夫婦二人で同じことで叱らないことです。一方が叱る役割の時はもう片方は子供の逃げ道を作ってあげる、「お前の気持ちもわかるよ。でもなんで叱られたのか一緒に考えてみよう」と片方が寄り添うことで子供の気持ちもだいぶ違います。子育てには親が多少の演技する心の余裕も必要です。子供に寄り添い一緒に考えることで親も一緒に成長できるのです。