行きたい学校があったため、引っ越しました

子供が生まれ、祖父母、親戚が海外に住んでいること、国際結婚し、子供はハーフという理由から生まれた時から進路は、インターナショナルスクールと決めていました。

 

幼稚園の時は、送り迎えをしていたため、多少往復に時間がかかっても車なことがほとんどだったため、気にしませんでしたが、小学校に入り、近くにインターナショナルスクールがなかったため、希望のインターナショナルスクールに入ることができたと同時に、一人で通うことが前提なので、これを機に引っ越すことを考え始めました。

 

最初のうちは、送り迎えをしていましたが、年齢が上がるにつれて、放課後校庭で遊んだり、お友達と電車で一緒に帰ってきたくなり、一人での通学には、少し時間がかかりすぎてしまうため、高学年になった時に、引っ越しをしましたが。

 

学校は、スクールバスを提供していますが、放課後に部活をやると、バスには乗れないため、ほとんどが電車での通学になり、宿題も多くなり、なかなか時間が作れなくなってしまったため、学校から徒歩10分の場所に引っ越しをしました。

 

今では、宿題にも時間取れて、良かったです。