怒ってばかりではしつけと言えません

私はとても子育てに悩んでいました。悪い事をしたらすぐに怒っていました。とても感情的になっていたのです。でもそれは意味がありません。そんな事をしていても、全然しつけになっていません。だから考えを改める事にしました。
ちゃんと子供目線で、子供の目を見て言い聞かせます。そしてわかりやすく言い聞かせる事が大事なのです。怒鳴ってもいけません。しっかりとわかりやすいように説明するのです。
根気が必要ですが、こうする事でしっかりとわかってくれます。そしてちゃんと理解してくれるようになるのです。
怒る頻度が減ってきました。怒っても無駄だとわかったからです。今までただ子供を怒っていただけです。全然しつけになっていませんでした。
思い起こせば私は、子供の時に両親に怒られた事がありません。ただひたすら、わかりやすく説明をしてくれていました。だから私は理解できていたのです。それなのに教訓になっていませんでした。でもこれからは正しい方法で、しっかりとしつけをしていこうと思います。