「子育てやめたい!」と思ってしまったら

6歳の超やんちゃな男児を育てています。元気がありすぎて破壊的なので、こちらとしては本当に疲弊します。私は元々「子どもが苦手」という意識が強く、妊娠出産しても不安ばかりがわだかまっていたので、「母親失格だなあ」と思うことがしょっちゅうあります。

それでも一度始めたからには絶対やめるものか、という思いが底にあるので続けているものの、育児は今までの人生の中で一番大変な作業であるということを認めざるを得ません。もう、子育てなんかやめてしまいたい、子どもが欲しかった夫に全部任せて、どこかに行ってしまいたい!と思ったことが何度もあります。

そうして色々な子育て情報をネットで見ていくうち、私のように感じている疲れたお母さんは少なくはない、ということがわかってきました。育児をやめてどこかに行ってしまいたい、というのは誰もが持つ感覚のようですが、現実的ではありません。大人として責任を放棄することはできないのです。

ですからこんな風に感じた場合、そこよりもっとレベルは落として、いったん睡眠の世界に逃避するつまり「寝る」ということがかなり有効です。リラクゼーションだの自分の時間だの、と色々なリフレッシュ方法も提示されてはいますが、やはり人間の根底になくてはならないエネルギーを回復するための眠り、これが育児を継続していく中で一番大切な要素なのではないかと思います。何はともあれ、眠る事。これがとても大事です。